Greeting「安全へのはばたき ~ 岡南飛行場管理運用共同事業体」
岡南飛行場管理運用共同事業体は、(一財)航空機安全運航支援センター及び、(一社)岡山県総合協力事業団が、岡山県から岡南飛行場の、対空通信情報提供業務、土木施設維持管理点検業務、航空灯火電気施設保全監督業務、飛行場場面管理業務、管理事務支援業務、気象観測情報提供業務を受託するため、平成28年4月1日よりスタートさせた組織です。
これまで各組織が個々に受託していた飛行場の管理運用業務を一元的に行うことにより迅速性が増し、より効率的かつ効果的な飛行場管理運用業務の実施が図られ安全性の向上にも寄与するものと期待されています。

お知らせINFORMATION

岡南飛行場管理運用共同事業体は、岡山県からの委託業務を実施して満2年を終えました。この間、大過なく業務を実施出来ました事は、ご利用される皆様方のご協力の賜物と感謝申し上げます。今日より、契約最終年となる3年目に入りますが、利用される皆様のお役に立つようより一層努力してまいる所存です。NEW
2018年9月4日 9月になりました。今日は台風21号の進路が岡山の東側となり、昼前後は一時的に風雨が強まっています。さすがにこんな天気では岡南飛行場が得意とする小型機の運航はありません。
 岡南飛行場では、毎年この時期から多く出没するトビ対策として、10月までの2か月間週1回のペースで実砲による鳥駆除を実施し安全運航の確保に努めています。NEW
PAGE TOP